肉離れの症状・治療法の解説

肉離れの症状、原因、治療法、応急処置、リハビリなど肉離れに関する情報を専門に掲載しております。肉離れはなぜ発症するのか?どのような時に肉離れが発症するのか?など肉離れの発生原因から、肉離れを発症してしまった場合の応急処置方法、治療期間のリハビリトレーニング、競技への復帰までにかかる治療期間の目安まで、出来る限り初心者にもわかりやすいように解説しております。

◆競技復帰までの治療期間

◆競技復帰までの治療期間の目安について
 肉離れを発症してしまった場合、肉離れ症状を完全に治療するにはかなりの期間を必要とします。
 もちろんその症状の度合いにもよりますが、治療期間の目安としては
・軽度(第1段階レベル)  ⇒  2週間程度
・中度(第2段階レベル)  ⇒  1〜2ヶ月程度
・重度(第3段階レベル)  ⇒  3ヶ月以上
 以上の治療期間が必要となるのが通常です。

◆治療は完治を目指すことが基本

 「早く競技へ復帰したい!」
 というスポーツアスリートの思いに答えるには、正しい治療を正しい順序で適切に行う事が非常に重要です。(肉離れの治療法の解説はこちら)
 また治療期間中に、実践競技へ無理に復帰を果たしても残念ながら筋肉そのものが傷ついている状態である為
・ベストのパフォーマンスを行うこと
 自体が出来ません。
 治療の際には、完全に治してしまおう!という強い気持ちと根気が必要となるのですね。

◆回復を早める効果的な成分(豆知識)

◆回復を早める効果的な成分(豆知識)
 肉離れなどの障害で傷ついた筋肉細胞組織を修復する際、主力として働く成分にグルタミンと呼ばれる成分があります。
 グルタミンは非必須アミノ酸に分類され、医療現場の回復場面でも広く使用されている怪我の治療期には主力なって活躍する成分です。
 人体内でも生成される成分ですが回復期には大量のグルタミンが消費されるため、競技への復帰を速めたい場合などは積極的に取り入れたい成分のひとつですね。
グルタミン摂取のまとめ

<<前のページ | 次のページ>>