肉離れの症状・治療法の解説

肉離れの症状、原因、治療法、応急処置、リハビリなど肉離れに関する情報を専門に掲載しております。肉離れはなぜ発症するのか?どのような時に肉離れが発症するのか?など肉離れの発生原因から、肉離れを発症してしまった場合の応急処置方法、治療期間のリハビリトレーニング、競技への復帰までにかかる治療期間の目安まで、出来る限り初心者にもわかりやすいように解説しております。

◆肉離れの処置方法について

◆肉離れの応急処置方法について
 肉離れを実際に発症してしまった場合は、まず焦らずに症状を確認する必要があります。
⇒肉離れの症状の確認方法についてはこちらの記事をご参照ください。
 症状を確認し、第3段階に至っていないと判断されるケースでは、まずスポーツ障害の応急処置の基本とも言える
・RICE処置(ライスしょち)
 を適切に行っていく事が重要となります。
 RICE処置とは、スポーツ障害全般の応急処置方法の基本として非常に重要な処置方法となります。
 RICEとはその処置方法の頭文字のイニシャルから名づけられており
●R = Rest(安静)
●I = Ice(アイシング)
●C = Compression(圧迫・固定)
●E = Elevation(挙上)
肉離れの応急処置方法(続き)

◆肉離れの治療法について
 肉離れの治療の方法は、まず何よりも先に
・応急処置
 を実践する事が重要です。
⇒応急処置方法についてはこちらの記事をご参照ください。
 次に応急処置を終え、筋細胞の内出血の発生が収まってきた事を確認出来た時点で今度は一転して
・温熱療法
 などの、患部を温める治療を実践していく事になります。
 尚、肉離れの治療では、完全に筋肉が断裂してしまうなどの重症に至らない限り手術を行うケースはほとんどありません。
 治療の基本は、「保存療法」と呼ばれる人間が本来持っている
・自然治癒力
肉離れの治療法(続き)

◆肉離れの温熱療法について
 肉離れの応急処置を終え、治療期間に入ったら、今度は積極的に温熱療法などの治療を開始していきます。
 温熱療法の目的は血行の促進による自然治癒能力の促進です。
 ここで、自分でも行える温熱療法を具体的にご説明します。
 まず、基本的な温熱療法としてあげられる治療法としては
  ・お風呂などで暖める
・暖かいタオルで患部を覆う
 などの簡易的ではありますが、自宅でも行える治療法があげられます。
 実際に病院などで治療を行なう際も、まずはこれらの基本的な治療を行っていく形が基本です。
 その後、完全に内出血も収まり、患部に触れても痛みを感じない程度まで回復してくると、
・マッサージ(軽め)
 を開始し、患部近辺を直接的に暖めながら、筋肉にも軽い刺激を加えていきます。
 尚、実際に筋肉を使用するリハビリの実践はこれらの過程を得てからとなるのが治療の基本的な流れです。