肉離れの症状・治療法の解説

肉離れの症状、原因、治療法、応急処置、リハビリなど肉離れに関する情報を専門に掲載しております。肉離れはなぜ発症するのか?どのような時に肉離れが発症するのか?など肉離れの発生原因から、肉離れを発症してしまった場合の応急処置方法、治療期間のリハビリトレーニング、競技への復帰までにかかる治療期間の目安まで、出来る限り初心者にもわかりやすいように解説しております。

◆ハムストリングスの筋肉の構造

◆ハムストリングスの筋肉構造について
 ハムストリングスとは太ももの後面にある筋肉群の総称です。
 ですから一般的に「筋肉名」と誤解されがちですが単体の筋肉ではないのですね。
 このハムストリングスを構成する筋肉郡は
・大腿二頭筋(だいたいにとうきん)
・半膜様筋(はんまくようきん)
・半腱様筋(はんけんようきん)
 の3つの筋肉によってハムストリングスが構成されております。

◆ハムストリングスは膝を曲げる動作を行う際に主力として働く筋肉

 ハムスリングスは膝関節の動きに大きく関与する筋肉で、
・膝を曲げる動作
 の際には、主力の筋肉として活躍します。

 膝を曲げる動作はハムストリングス筋群が縮むことによって屈曲動作がなされている為です。

 ハムストリングスの肉離れを発症した場合は一定の治療期間を得るとリハビリを開始しますが、リハビリ後期にはハムストリングスを強化する目的で「レッグカール」と呼ばれる膝の屈曲に関連する動作の主体となるトレーニングを開始していきます。

<<前のページ | 次のページ>>